独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ

教育体制

看護部 > 看護部の教育体制:看護教育に対する考え方

看護教育に対する考え方

大阪労災病院看護部では、倫理綱領に則り、病院及び看護部の基本理念・基本方針をもとに教育理念・目標を設定し、当院看護部の理想とする看護職員像に近づけるためのシステムの構築や支援を行っています。 看護部の卒後教育プログラムの特徴は、クリニカルラダーと連動して自己学習自己成長を支援しています。
このプログラムはキャリアアップのために、各個人が設定した目標に効果的に達成できることを目指しています。看護部教育委員会は、自己成長を目指す看護師のニードに応じて、院内教育、院外教育、看護研究を企画し、学習の機会を設け且つ紹介することで、幅広く支援活動を行っています。

看護部の教育理念

当院看護部の基本理念に基づき、看護職員として求められる知識・技術・態度の獲得に向けて、明るく・元気で・たくましく自己成長できる看護職員を育成する。


 

看護部の理想とする看護職員像

  1. 看護倫理に基づいて行動できる看護職員
  2. 明るく・元気で・思いやり・感謝、そして助け合いの心をもった人間性豊かな看護職員
  3. 環境の変化にたくましく柔軟に対応することができる看護職員
  4. 専門職として科学的根拠に基づいた看護実践ができる看護師
    行動の根拠を明確にしながら実践できる看護助手
  5. 組織人として協働できる看護職員
  6. チーム活動を活性化することができる看護職員
  7. 自己学習や研究を通して考えることのできる看護職員

看護部の教育目標

当院の理想とする看護職員を育成するために、すべての看護職員に対して教育環境の整備と自己成長への支援を行う。