独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ

教育体制

看護部 > 看護部の教育体制:看護教育に対する考え方

教育理念

当院看護部の基本理念に基づき、看護職員として求められる知識・技術・態度の獲得に向けて、明るく・元気で・たくましく自己成長できる看護職員を育成する。

看護部の理想とする看護職員像

  1. 看護倫理に基づいて行動できる看護職員
  2. 明るく・元気で・思いやり・感謝、そして助け合いの心をもった人間性豊かな看護職員
  3. 環境の変化にたくましく柔軟に対応することができる看護職員
  4. 専門職として科学的根拠に基づいた看護実践ができる看護師
  5. 組織人として協働できる看護職員
  6. チーム活動を活性化することができる看護職員
  7. 自己学習や研究を通して考えることのできる看護職員

大阪労災病院看護部教育目標

当院の理想とする看護職員を育成するために、すべての看護職員に対して教育環境の整備と自己成長への支援を行う。

教育方針

  1. 労災病院看護部キャリアラダーに基づき、看護実践・管理・教育・研究に必要な知識、技術を柱として、段階に応じた教育の支援を行う。
  2. 新人看護職員については、新人看護師支援システムによる教育体制を運用する。
  3. 看護師個々の主体性を尊重し、学習ニーズに沿った教育の機会を提供することで、専門職業人としての成長を支援する。
  4. 社会の動向・医療を取り巻く環境を踏まえ学習の機会を提供する。
  5. 職位と役割に応じた外部研修、学会参加などの機会を提供する。

キャリアラダー

当院看護部は、全国労災病院共通の看護職員評価ツールである「労災病院看護部キャリアラダー」に基づき、個々の看護師が専門職業人として、自ら学習し、看護実践能力をさらに高められるよう人材育成に努めていてます。

*「労災病院看護部キャリアラダー」はJNAラダーの「看護の基本となる実践能力」に「組織的役割遂行能力」と「自己教育・研究能力」、当機構の使命である「勤労者看護」能力を追加したものです。

大阪労災病院看護職員継続教育体系図

→詳細はこちら

年間研修プログラム

→詳細はこちら

新人看護職員支援体制

新人看護職員の教育は、看護師長の下、新人看護師の教育チームとして教育担当者が中心となり、実地指導者やチューターをはじめとして他の看護師(サポーター)の協力を得て、全員で新人看護師の成長を支援しています。

新人看護職員研修

1.大卒者看護実践研修

看護系大学卒業生を対象とした採用前の看護技術演習を実施しています。就職前から仲間づくりができたと喜びの声も聞かれています。

2.新人看護職員研修の年間研修予定

→詳細はこちら

メンタルサポート

外部の産業カウンセラーよりいつでも支援が受けれます。新人看護職員は体験として2回/年カウンセリングを実施しています。