独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ

専門看護外来

看護部 > 看護専門外来

看護師と医師の連携による看護専門外来

看護部では、医師による外来診療だけでなく、看護師が医師と連携をとりながら、日常生活上のご相談に応じアドバイスや情報提供を行っています。

療養支援外来

  • 糖尿病治療目的は、合併症の発症と進展を予防することです。そのためには、血糖値をコントロールすることが大切であり、糖尿病患者様は食事や運動の療養をしながら糖尿病とうまく付き合っていかなければなりません。そのような、糖尿病患者様、一人ひとりの生活を理解し療養を支援します。
  • 療養支援外来は、インスリン注射をしている糖尿病患者さんや糖尿病の合併症である腎症が進行している患者さんが、抱えている苦痛や不安が軽減できるよう、どのような療養を行えば良いのか一緒に考える場所です。
日時 毎週月~金曜日 1人30分程度の予約制
場所 療養支援外来(整形外科外来と脳神経外科外来の間)
対象者 当院内科通院中でインスリン療法をしている方、糖尿病性腎症を患っている方

ストーマ外来

毎週月・木曜日の予約制です。

ストーマやその周囲のスキントラブル・その他関連するような相談をお受けし、ストーマを造設された患者さまが手術前の生活に近づけるようにケアを志します。

母性外来

おっぱいと育児についてサポートしています。
乳腺炎などの乳房ケアにつ いては、近隣施設が対応していない為、24時間対応をさせていただいております。
但し、分娩などの状況によりお待ちいただく場合もありますが、ご了承下さい。

*他院分娩後の方も受け入れています。

詳しくはこちら

助産師外来

大阪労災病院では、妊婦さんが主体的に妊娠・分娩・産褥期を過ごせるよう、医師と助産師が連携して診察にあたり、さまざまなお手伝いをいたします。


健診日時 週2回 1人30分の完全予約制です。
場所 産婦人科外来
担当助産師 アドバンス助産師、母性看護専門看護師

*アドバンス助産師とは、妊産褥婦・新生児に対し、安全で安心な助産ケアを提供できる助産師に対して一般財団法人日本助産評価機構が認定しているものです。

ご家族の方もご一緒に参加できますので、 家族みんなで新しい命を迎えましょう。

詳しくはこちら

産後2週間サポート健診外来


健診日時 毎週月曜日の9時から
(但し、月曜日が祝日の場合は火曜日となります)
場所 産婦人科外来 完全予約制
担当 アドバンス助産師、母性看護専門看護師
*アドバンス助産師とは、妊産褥婦・新生児に対し、安全で安心な助産ケアを提供できる助産師に対して一般財団法人日本助産評価機構が認定しているものです。
健診内容 赤ちゃんの成長(体重も測定します)、母乳の飲ませ方
育児の悩み相談など一人約60分でおこないます。
健診料 1回5000円(公費券が使用可能です)。

産後1ヵ月サポート健診外来


健診日時 毎週火曜日の午後、赤ちゃんの1ヵ月健診終了後に行います。
尿検査をしてから産婦人科外来におこし下さい。
場所 産婦人科外来 完全予約制
担当 産婦人科医師、アドバンス助産師、母性看護専門看護師
*アドバンス助産師とは、妊産褥婦・新生児に対し、安全で安心な助産ケアを提供できる助産師に対して一般財団法人日本助産評価機構が認定しているものです。
健診内容 産後のお母さんと赤ちゃんに対してトータルケアを行います。
小児科1ヵ月健診終了後にお母さんに対して、医師と共に診察します。
医師の診察終了後に助産師が育児相談など一人約60分おこないます。
健診料 1回5000円(公費券が使用可能です)。

フットケア外来

当院では診療科を問わず、足病変を発症するリスクのある患者さまに対して、当院医師の指示の元、フットケアを実施しております。フットケア外来では専門的資格を取得した看護師が、足の手入れの方法や、足病変の予防、異常の早期発見のために日常生活の自立支援をします。

【実施日時】

 
内科12診察室
末梢血管外科診察室
糖尿病系フットケア
火曜日(午後)
 
末梢血管外科系フットケア  
水曜日(午前・午後)
循環器系総合フットケア
金曜日(午前)
 

おひとり30分での予約枠をとっております。
火曜日は糖尿病看護外来を併用しています。
リウマチの方のフットケアなども適時実施しています。

【担当看護師】

溝端美貴:フットケア指導士、血管診療技師(CVT)、慢性腎臓病療養指導看護師、弾性ストッキングコンダクター、リンパケアセラピスト、大阪府看護協会糖尿病管理者研修済、認定心理士
サポート体制:糖尿病看護認定看護師、糖尿病療養指導士、皮膚排泄ケア認定看護師

【実施内容】

足の観察:足洗浄、創処理、足の手入れなど日常生活支援を行います
血流障害の観察:ドップラーという超音波血流計を用いて確認します
爪の観察:肥厚爪などの爪切りを行います
胼胝・鶏眼の観察:胼胝削りを行います

インソール作成など必要に応じ、義肢装具士へコンサルテーションいたします。
リンパ浮腫や静脈瘤の方への弾性ストッキング、圧迫包帯法の指導も行います。

【診療費】

保険適用:国の定める診療報酬の範囲

*南大阪フットケア研究会は、当院において2013年設立しました。
現在、年2回のセミナーを開催し、夏期は実技講習を主とし、冬期は講演会を行っています。
地域の医療従事者を対象にしたセミナーです。詳細は公式ホームページをご覧いただき、是非ご参加頂きますようお願い申し上げます。
http://footcaremm.wix.com/m-osaka-fc

リンパ浮腫外来

【リンパ浮腫看護専門外来とは】

リンパ浮腫とは、乳がんや子宮がんなどの手術や放射線治療後に、リンパ液のながれが阻害されて起こる手や足のむくみのことです。一度発症したら完治は難しく、物が持ちにくい、洋服の着脱がしにくいなど日常生活に支障が出ます。しかしむくみを軽減し、維持することはできます。
リンパ浮腫看護専門外来では、担当看護師が医師の指示のもと、リンパ浮腫ケアを行い、浮腫と上手くつきあっていただけるような、ご自宅でもお行えるセルフケアを共に考え、継続的な支援を行います。

【受診方法】

当院でがんの治療を受けた方が対象になります。医師の診察時ご相談ください。

【施術内容】

  • 用手的リンパドレナージ
  • 圧迫療法
  • 圧迫した状態での運動療法の指導
  • スキンケア
  • 日常生活活動指導

【施術日時】

木曜日
午後(完全予約制)

【診療費】

保険外診療

保険診療の外来とリンパ浮腫専門館看護外来を同じ日に受診することは出来ません。

【料金】

初回
5,000円(税別)
2回目以降
3,000円(税別)

※弾性包帯、弾性着衣などの購入の際は、別途費用が必要です。
  当院売店にて取り扱いしております。

【担当看護師】

リンパ浮腫ケアの専門的な研修を修了した看護師
村田妃加里:一般社団法人ICAA主催 リンパ浮腫専門医療従事者

心不全外来

  • 心不全外来では、患者さんが感じている症状や苦痛を軽減できるよう、療養生活について一緒に考えます。
  • 心不全を自己管理しながら患者さんが望む生活ができるよう環境を含めたサポートをおこないます。
日時
毎週火曜日 1人30分程度の予約制
場所
リハビリテーション室内
対象者
当院循環器内科通院中の患者様