独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ

教育体制

看護部 > 部署・病棟紹介

部署・病棟紹介

※診療科・病棟名(太字)をクリックすると紹介ページにリンクいたします。

ICU

重篤な機能不全の患者さんを収容し、集中的に治療・看護を行うことにより、その効果を期待する部門として運用しています。患者さんへの十分な説明を基に、安全な医療・看護、適切な治療を短期間に集中的に行い、1日でも早く病状が回復し一般病棟に戻っていただけるよう努めています。クリティカルケア看護では、生命を脅かす生理的問題が大きいため、身体的側面に焦点をあてることが多いように感じられますが、そればかりでなく、心理的・社会的側面での看護が重要だと考え、倫理カンファレンスなどを行い、看護の質の向上を目指しています。また、ご家族への看護も重要であり、積極的にご家族に関われるように取り組んでいます。

メディカルサポートセンター

当センターはセンター長(医師)・事務員・MSW・看護師の多職種で構成されています。 看護業務として、退院支援・調整、看護相談、前方支援、在宅機器調整、セカンドオピニオン調整・地域連携パス運用等を行っています。退院調整においては、院内・院外職種との連携を図り、退院後の療養場所で安心した療養生活が送れるような支援・調整を図っています。患者さんがどう生きたいのか、どこで過ごしたいのかという声に耳を傾け、看護師としての視点を生かした支援・調整を行っています。看護相談においては、どこに相談したらよいかわからなくて困っている患者さんやご家族に寄り添い、ニードを理解し温かい看護を提供できるよう努めています。

がん相談支援センター

当センターでは、がん治療に携わる専門の看護師、MSWにてがんに関する様々な悩みについてのご相談に対応させていただいております。当院のかかりつけの患者さまに限らず、ご相談に応じております。がん相談支援センターにはがんに関する情報の提供も行っています。また、日常生活の困りごとや、就労に関する相談、セカンドオピニオンに関する相談など幅広く皆様のお話を伺い、一緒に考え、問題解決のお手伝いをさせていただきますのでお気軽にお越しください。

外来診療部門

外来診療部門は、急性期病院・地域がん拠点病院としての役割を果たすべく24診療科で外来診療にあたっています。1日の来院患者数は約1600人です。循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科が外来受診患者数の上位となります。受付から会計まで医師、看護師、検査技師、放射線技師、事務など各職員が協働し、安心して、安全に外来診療ができるように心がけています。多くの患者さんに次回も気分よく来院していただけるように「目配り」・「気配り」・「笑顔」を心がけ、「お叱りのことば」は真摯に受け止め成長の機会とし、病院の窓口としての役割をはたすべく頑張っている職場です。またフットケア外来・リンパ浮腫外来・4D外来・助産師外来・ストーマ外来など看護師、助産師それぞれの個人のスキルを生かした活動も力をいれています。

特殊外来 / 救急外来・外来化学療法室

救急外来と化学療法室を担当しています。2次救急として年間約5700件の急患を診療しています。特に循環器疾患は、堺市のハートコールシステムから年間約230件患者を受け入れし地域医療に貢献しています。化学療法室では、年間8100件の化学療法を実施しています。18名のスタッフで頑張っています。 救急看護認定看護師・がん化学療法認定看護師も在籍し質の高い看護を目指しています。

手術室

年間手術件数は約13,000件で、そのうち約6000件は眼科手術です。昨年度、内視鏡手術支援ロボットダヴィンチが導入され泌尿器科の前立腺切除術の実績を積んでいます。また、ハイブリッド手術室も完成し、急性期病院の中枢として、高度で安全かつ質の高いチーム医療の提供を目指し努力しています。

西2階病棟:産婦人科

産科と婦人科の混合病棟です。患者さんも看護職員も女性のみであり、女性病棟となっています。赤ちゃんの誕生から看取りまで幅広く人の一生に関わるケアが経験できる病棟です。また看護職員は、助産師と看護師が配置され人員割合は2:1となっています。そして、平成28年度の分娩件数は196件となっています。エキスパートナースとアドバンス助産師13名が協働し妊産褥婦のケアの充実を目指しています。

東2階:脳外科・脳内科・循環器内科

三科の混合病棟で、脳出血や脳梗塞などの救急入院が多い病棟です。
脳疾患や心疾患患者さんは、治療後も麻痺などの後遺症がみられ、活動性が低下する方が多く、日常生活援助を必要とされます。
医師、薬剤師、リハビリテーション担当者、ソーシャルワーカーと共に連携をとりながら、患者さんの自立をサポートし、スムーズに在宅へ移行できるように、日々看護を考え実践しています。

西3階:泌尿器科・婦人科・外科(緩和)

泌尿器科・婦人科・外科(緩和)の混合病棟です。生検の検査から、手術・化学療法・放射線療法等の急性期医療、ターミナル期までの看護を行っています。緩和ケア病床を持ち、QOLについて対象と話し合いながら、緩和ケアチームと協力し緩和ケアを実践しています。対象に関心を持ち、寄り添い、死に近い日であっても生きている時に良い時間が過ごせたと実感できる様、工夫しながら看護を実践しています。
在院日数は約10日と短い中、質の良い医療を提供する為に、病棟担当薬剤師、退院調整看護師、認定看護師、栄養士など多職種で協力できる風通しの良い職場です。

中3階:循環器内科・心臓血管外科

当部署は、循環器内科心臓血管外科の混合病棟で循環器疾患の急性期から慢性期、心不全ターミナル期までの幅広い病期の患者さんが対象です。
日々変化する状態を見極めながら、速やかに対応できる知識や技術が必要となります。
急性期に対応できるスタッフの教育体制を充実させ、質の高い看護が提供できるように常にスタッフ同士で報告・連絡・相談、協力し合いながら元気に明るく業務を行っています。
2014年より心臓リハビリテーションを導入し、早期からの運動療法や退院後の生活を見据えたアプローチを他職種間で連携しながら積極的に取り組んでいます。

CCU

CCU(CoronaryCareUnit)は早期治療看護を強力的に管理する部門です。さらに、循環器疾患だけではなく、HCU対象患者さんの受け入れも積極的に行っています。近隣の循環器由来のCPA患者受け入れも積極的に行い、蘇生後の生還率42%(CPC1)で60%は仕事復帰できています。超急性期で忙しくストレスの多い病棟ですが、患者さん・ご家族に寄り添った看護を行うことで皆モチベーションを高く持って日々のケアに携わっています。
対象疾患:虚血性心疾患(急性心筋梗塞・不安定狭心症) 重症不整脈、徐脈・頻脈性不整脈、心原性ショック、重症心不全、急性大動脈解離、肺塞栓、 その他:HCU(HighCareUnit)対象患者(意識障害または昏睡、急性呼吸不全、慢性呼吸不全の急性憎悪、ショック、重篤な代謝障害、救急蘇生後) 循環器内科の専任医師が常時1名以上配置されています。

東3階:糖尿病内科・腎臓病内科・循環器内科

病棟と透析室が同一部署となっており、糖尿病から糖尿病性腎症→慢性腎不全→末期腎不全→血液透析・腹膜透析など病期を経過とともに継続した看護を提供しています。また、病状悪化予防の健康管理が継続できるように、慢性疾患を抱える患者さんやご家族に寄り添いながら健康行動の行動変容できるように内科外来へ継続看護依頼をし、安心して療養生活できるように支援しています。
糖尿病・腎臓病の院内認定看護師・透析看護認定看護師・他職種が中心となって集団教室を実施しています。(糖尿病・腎臓病・透析教室)
ベッドサイドでは、知識や技術を習得した看護師がフットケア実施し、足病変の予防に努めています。 院内認定看護師が中心となって、看護研究(事例や量的研究)に毎年、取り組んでいます。

西4階:消化器内科・外科

西4階病棟は消化器内科、消化器外科の病棟です。上部消化管・下部消化管から肝、胆、膵系まで良性疾患・悪性疾患と幅広い疾患の患者さんが入院しています。内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行っており、ダブルバルン内視鏡、超音波内視鏡などを使用した高度な内視鏡治療も行っています。また、ラジオ波治療やカテーテル治療など多岐にわたる検査や治療を受けられる患者さんに対する急性期の看護を行っています。一方で、終末期にある患者さんに対する緩和ケアを含めた看護も提供しています。がん看護を提供する病棟として、認定看護師から積極的に知識を学び、地域がん診療連携拠点病院の役割の一端を担うという認識のもと、がん患者さんに対して地域と連携を図りながら看護が継続されるような働きかけも行っています。私達の病棟は34床と小さいですが、その分アットホームな雰囲気で日々の看護に取り組んでいます。

中4階:外科・末梢血管外科

中4階病棟は消化器外科51床と末梢血管外科の3床の病棟です。
消化器外科では主に、胃・大腸・肝臓・胆道系臓器・膵臓などの手術療法を目的とした患者さんが入院してこられます。手術後は、できるだけ早期に離床を行い創の回復を促す援助を行うと共に、消化管手術後の患者さんに対しては、食生活の指導や援助を栄養士と共に行っております。
末梢血管外科では、とくに閉塞性動脈硬化症に対しては有数の治療経験があり、血管内治療が困難な症例や下肢切断を宣告された重症例に対しても積極的に血行再建術(バイパス術)を行っております。
手術後のドレーン管理や疼痛コントロール、ストーマ管理、在宅に向けての中心静脈栄養のためのポート管理など、看護師の専門的な知識や技術が発揮できる病棟です。患者さんの立場に立って援助ができるよう様々な医療チームと協力して頑張っております。
忙しい病棟ではありますが、活気ある楽しい病棟です。

東4階:消化器内科

当病棟は、病床数53床の消化器内科病棟です。消化器系疾患全般(良性疾患から悪性疾患までの急性期から終末期)を対象としており、急性期、慢性期、終末期看護が実践でき、多様な看護や看護技術が経験できるので毎年新人さんの配属希望が多い病棟です。
また、ラジオ波焼灼療法、肝生検、内視鏡的検査やEIS・EVL・EMR・ESDなどの内視鏡的治療、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)、肝動脈塞栓術や肝動脈化学塞栓療法など多様な検査や治療も積極的に行っています。
スタッフは、子育て中のママさんも含む看護職員総勢38人です。多職種を含めた病棟スタッフ一丸となって何でも言い合い話し合い、忙しいながらもやりがいを感じながら元気に明るく看護しています。

西5階:眼科

西5病棟は59床の眼科単科病棟です。眼科の手術件数は毎年6,000件を超え、その中でも、網膜剥離、網膜前膜、糖尿病網膜症、硝子体出血などの硝子体手術は1,000件を超えています。平27年度の硝子体手術件数は日本1位の実績となりました。このような手術件数を実施するために、月平均の入退院患者数は450人前後になり、平均在院日数は2.6日と非常に短期な状況です。しかし、このような状況の中でも質の高いケアを行うために医師、病棟薬剤師、手術室看護師、病棟看護師、管理栄養士との協働を充実させるだけでなく眼科院内認定看護師を育成し、眼科認定看護師が中心となって眼科疾患に特化した看護ケアを提供しています。

 

中5階:整形外科・外科

整形外科・外科(乳腺外科・消化器外科)の混合病棟です。
整形外科・外科の周手術期看護から、整形外科の回復リハビリ期・外科の補助療法・終末期看護まで幅広い知識や技術を学ぶ事ができます。医師をはじめ、外来看護師、認定看護師(乳がん認定・緩和認定など)・リハビリ・地域連携(MSW・退院調整看護師)・薬剤師・栄養士など他職種とも連携を図り、チームで患者さんの状況に応じたケアを提供できるようにがんばっています。

東5階:整形外科

東5階病棟は、整形外科の脊椎疾患を主に担当しています。
中でも、周術期の治療やケアを必要とする患者さんが大部分を占めており、また、高齢者も多くよりきめ細やかな対応が求められます。
患者さんの持っている力を出来るだけ引き出し、高められるように、医師・看護師・理学療法士・リハビリセラピスト・薬剤師・栄養士など医療チームで一丸となって患者さんをサポートしています。
時には、患者さんのことを考え厳しいことを言わないといけない事もありますが、そのような時も優しさと思いやりと笑顔を大切にしています。そして、患者さん一人ひとりに寄り添い、その人らしく過ごせるような治療やケアを目指しています。
大変忙しい毎日ですが、患者さんの回復していく姿が目に見えてわかるので遣り甲斐を感じています。
スタッフはみな関西人らしく笑いのセンスが抜群で、明るく活気にあふれており、医師を中心とした力強いチームワークが自慢の病棟です。

西6階:耳鼻咽喉科・歯科・口腔外科

入院の患者さんの多くは、疾患や治療の影響から聴覚・嗅覚・味覚の感覚器や嚥下機能が障害されたり声を失うなど、日常生活に支障をきたし、大きな不安を抱えておられます。私たちはあらゆるコミュニケーションスキルを使い、患者さんの思いを受け止めることを大切に看護しています。また、病棟には摂食嚥下認定看護師が配置されており、早期から摂食嚥下に関する取組をするなど、医師・栄養士・リハビリ技師・薬剤師・ソーシャルワーカー・地域と連携をとりながら患者さんらしい社会復帰を目指しています。

中6階:小児科・形成外科・リハビリ科・皮膚科

中6階は、小児科・リハビリテーション科・形成外科・皮膚科の混合病棟です。南側が小児病室、北側が大人の病室になっており、患者さんは0歳から90歳代と年齢層も広いです。小児側には、羽曳野支援学校の分教室があり、長期入院の患児は分教室に通いながら治療を受けています。プレイルームもあります。大人側には、四肢麻痺の患者さんのためのリフト付きの病室があります。小児科は、呼吸器感染症や川崎病・紫斑病などでほとんどが救急入院患者です。形成外科は、局所麻酔での手術や、乳房再建術など、多種多様な手術を行っています。リハビリテーション科は、頸髄損傷・脊髄損傷や下肢切断術後の患者さんなどに対し、自宅に退院できるよう訓練と支援を行っています。皮膚科は、蜂窩織炎、類天疱瘡そうなどが対象です。

東6階:整形外科

スポーツ整形外科、股関節外科を主にみている整形外科50床の一般病棟です。スポーツ整形外科は学童期から青年期の対象が多いが、近年は中年期の対象も増加しています。そのため、院内スポーツ認定看護師を中心に、保護者を含めた治療に関する指導に加え、生活指導やメンタルサポート、職場復帰への支援を行っています。関節外科は、老年期の対象が多く、生活指導を中心にQOLの向上に向けて支援しています。年齢も多岐にわたり、整形外科の急性期から回復期、在宅復帰まで含めた看護を提供しています。