独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

大阪労災病院市民公開講座

トップページ >大阪労災病院市民公開講座のご案内

大阪労災病院市民公開講座のご案内

大阪労災病院では地域の皆様を対象に様々なテーマで講演を行っております。
※「医学文化教室」は「大阪労災病院市民公開講座」へ名称変更いたしました。

場所
大阪労災病院 管理棟3階 大ホール
(※泌尿器科、産婦人科近くのエレベータで3階へお越しください。)
対象者
患者さま、患者さまのご家族様、地域住民の皆様どなたでもご参加いただけます。すべて、参加費無料、事前のご予約は必要ありません。
時間
午前11:00〜12:00

患者様、ご家族の方、地域住民の皆様向け
大阪労災病院市民公開講座

平成30年4月〜平成31年3月の予定

開催日 時間 所属 講師 演題
平成30年
5月10日(木)
午前
11:00

12:00
看護部 平山 みどり 認知症にならないための
日常生活の工夫
平成30年
7月26日(木)
午前
11:00

12:00
消化器内科 末吉 由佳 胃がんのお話
平成30年
9月10日(月)
午前
11:00

12:00
内分泌
代謝内科
久保田 昌詞 禁煙外来へのお誘い
平成30年
11月27日(火)
午前
11:00

12:00
中央
リハビリ
テーション部
赤尾 典子 安全に食べるために…
オーラルフレイルの話
平成31年
1月16日(水)
午前
11:00

12:00
整形外科 金城 聖一 ロコモティブシンドローム
〜関節リウマチのお話〜
平成31年
3月7日(木)
午前
11:00

12:00
泌尿器科 任 幹夫 緩和ケアのおはなし

※都合により開催日が変更になる場合がございます。
※参加ご希望の方は念のため事前に総合案内もしくはお電話にてご確認ください。

「認知症にならないための日常生活の工夫」
…看護部 平山 みどり

平成30年5月10日(木) 11:00〜12:00

 日本では超高齢化が進んでおり、認知症の方の数も増加しています。現在の医学では進行を遅らせることはできても完治できないのが現状です。そこで、認知症の予防に効果があるといわれている日常生活の工夫についてお話しします。

「胃がんのお話」
…消化器内科 末吉 由佳

平成30年7月26日(木) 11:00〜12:00

 胃がんは進行すると、出血したり、胃ががんでつまってしまい食事が取れなくなることがあります。胃がんをできる限り早めに見つけるために、胃がん検診、ピロリ菌との関連を含めてお話しさせていただきます。

「禁煙外来へのお誘い」
…内分泌代謝内科 久保田 昌詞

平成30年9月10日(月) 11:00〜12:00

 タバコはがんや心臓病、脳卒中、肺の病気など多くの病気を引き起こします。喫煙者は一日でも早く禁煙することが望まれます。禁煙外来ではニコチンパッチや内服薬で禁煙のサポートをいたします。禁煙に関心のある方の御参加をお待ちいたします。

「安全に食べるために…オーラルフレイルの話」
…中央リハビリテーション部 赤尾 典子

平成30年11月27日(火) 11:00〜12:00

 「噛む」「飲み込む」「話す」など、口の機能の衰えを「オーラルフレイル」と言います。加齢の影響で口の機能が落ちてくると、食事量が減り、低栄養や筋力の低下、ひいては要介護状態になり易くなります。また、窒息事故や誤嚥性肺炎にもつながりかねません。今回はオーラルフレイルとその予防について話します。

「ロコモティブシンドローム 〜関節リウマチのお話〜」
…整形外科 金城 聖一

平成31年1月16日(水) 11:00〜12:00

 ロコモティブシンドロームとは「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になることです。「運動器の障害」の原因のひとつに関節リウマチがあります。関節リウマチは原因不明の病気で、免疫の異常により関節を包む滑膜に炎症が起こり、それが増殖して骨や軟骨を破壊します。放置すると関節が破壊され、日常生活に支障をきたすこともあります。近年、骨及び軟骨の破壊を積極的におさえる薬としてメトトレキサート、さらに強力におさえることが可能な生物学的製剤が導入され、治療の目的が寛解を目指せるようになりました。関節リウマチは、これまで不治の病とされてきましたが、新たな治療法が開発されたことにより、完全寛解も夢ではなくなりました。本講演では関節リウマチについてわかりやすく解説し、治療法についてお話しします。

「緩和ケアのおはなし」 …泌尿器科 任 幹夫

平成31年3月7日(木) 11:00〜12:00

 “緩和ケア”という言葉を聞いて皆さんはどのようなことを想像しますか?「がん治療ができなくなった方への医療」「がんの終末期に受けるもの」で、治療段階ではまだまだ早いと思っている方もまだまだ多いようです。“緩和ケア”とは、がんと診断された時から、治療と一緒に受けるケアです。緩和ケアを受けることで、「こんなにいいことがあります」ということをお話しします。

<問い合わせ>

すべて、参加費無料、事前のご予約は必要ありません。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お問い合わせ先
労働者健康安全機構 大阪労災病院
メディカルサポートセンター 担当:東
住所
〒591-8025 堺市北区長曽根町1179-3
TEL
072-252-3561

このページのトップへ

HOME
市民公開講座
大阪労災病院のチーム医療について
がんに関するご相談について
人間ドック・健診
海外勤務健康プラザ
大阪労災看護専門学校
治療就労両立支援センター
医療機能評価認定病院 認定第GB196号