独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

がんに関するご相談について

トップページ >がん拠点病院のご案内 > がん登録統計

がん登録統計

がん登録とは

がんの診断・治療・転帰(病気の最終経過)などのデータを登録し、分析する仕組みです。がん登録から得られる患者数、罹患率(新たにがんにかかった人の割合)、生存率などのデータは、がん予防や研究、新たな治療の開発など様々ながん対策の基礎となります。

がん登録の種類

  1. 院内がん登録
    がん医療を行う病院において、診療が行われた患者のがんの罹患、診療、転帰などに関する詳細な情報を記録し、保存するものです。主にその病院のがん医療の状況を把握するために行われます。
  2. 全国がん登録
    国が国内におけるがんの罹患、診療、転帰などに関する情報をデータベースに記録し、保存するものです。主にその地域での罹患を把握するために行われます。全国がん登録の元データは、各病院等のデータを、各都道府県を通じて国に提出したものです。
  3. 臓器がん登録
    学会や研究会が実施するもので、がんの診断や治療のガイドライン作成などに使われます。

がんのステージ

がんの『ステージ』とは、がんの進行度合いのことです。ステージは以下の3つをもとに分類されます。

  1. がんの大きさ(広がり)
  2. リンパ節への転移の有無
  3. 他の臓器への転移の有無

ステージは0期〜IV期まであり、IV期が最もがんが進んだ状態です。

大阪労災病院 がん登録統計

部位別・進展度別がん患者数
部位別・治療別がん患者数
部位別・年代別がん患者数
がんの発見経緯と発見時のステージ

このページのトップへ