独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

がんに関するご相談について

トップページ >がん拠点病院のご案内 > がん治療と就労の両立支援

がん患者さんの就労支援「がん治療と就労の両立支援」のご案内

 厚生労働省のデーターによると、現在、がん罹患者数の約45.6%が20〜69歳で、少なくとも3人に1人は就労可能年齢であると公表されています。一方で、がん治療の進歩に伴い、生存期間が以前より延長したため、働きながら治療を受ける患者さんも増加し、医療機関だけでなく、雇用する職場でも「治療と就労の両立」を目指した支援が求められているのが現状です。就労中にがんと診断された患者さんの中には通院や体調の変化のために休職、ときには離職を余儀なくされている方もまだ多くいらっしゃいます。
 このような背景をもとに、当院では3つの柱をもとに、医療者が「治療と就労の両立」をサポートすることを目指しています。
 当院ではツールの活用を通して、少しでも患者さんの抱える就労問題を解決できるようにサポートしています。
 がんと診断されても会社を直ぐに辞めることなく、先ずは、メディカルサポートセンター内にある「がん相談支援センター」へご相談ください。(ご予約は不要です。)

診断・治療時   情報取得   がん相談支援
  • がんと診断される場面では、可能な限りがん看護を専門とする看護師の同席をしています。
  • その際に就労の有無を確認させていただき、就労環境や治療との兼ね合いなど一緒に考えられる場があります。
 
  • がんを取り扱う外来には『治療と就労の両立について』というパンフレットを待合い室に設置しています。
  • 患者さん自身で情報を取得する場として設けています。
 
  • 治療と就労に関する悩みをより具体的に相談できる窓口があります。
  • がん相談員が主となって対面で相談を受け、医療ソーシャルワーカーとも連携しています。
  • 患者さんやご家族、地域のみなさまもご利用可能です。
  • 相談料金は無料です。
  • 就労の斡旋はできません。

お問い合わせ先

西館1階 がん相談支援センター
電話番号:072−252-3561(代)
受付時間:平日8:15〜17:00
E-mail:nandemo@osakah.johas.go.jp

  インデックスページへ このページのトップへ