独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

がんに関するご相談について

トップページ >がん拠点病院のご案内 > ごあいさつ

がんに関するご相談について

ごあいさつ

地域がん診療連携拠点病院「大阪労災病院」が目指すもの

大阪労災病院 院長 田内 潤

我が国の「がん」による死亡者数は増え続け現在年間30万人にのぼり、死因の第一位でその予防、対策が大きな問題となっております。

国は「がん対策基本法」、「がん対策推進協議会」などによって 1)がん死亡率の削減、2)患者さま・ご家族の苦痛を軽減して生活の質を上げること を目標として種々施策を講じています。

大阪労災病院は厚生労働省より「地域がん診療連携拠点病院」として指定を受け、がんの予防、診断、治療などに積極的に取り組むとともに、堺市医療圏の各医療施設との連携ネットワークの構築を推進してきました。

がんの治療には早期発見が最も重要ですが、最近では医療の進歩により進行がんであっても予後は大きく改善しています。そこで当院ではがん患者さまが安心して治療を受けられるための情報提供と最良の治療が行えるチーム医療を提供しています。一般にがんの治療は、薬による治療を受け持つ内科医(化学療法)、悪い部分を取り除く外科医(手術療法)やレントゲンにより腫瘍を壊す放射線科医(放射線療法)などが協力して行います。

そして患者さまが、ご自身の病気について十分理解され、治療方針に納得し、医師や看護師とともに病気を治していくという強い意識がとても大切です。そのため当院のメディカルサポートセンターには「なんでも相談室」を設け、病気の標準的な治療法に関する情報提供や他施設医師の意見を求める「セカンドオピニオン制度」を設けました。さらにがんの治療には長期の対応が必要です。通常の日常生活を続けながら治療できるように「外来化学療法室」を設けて、入院せずに通院にて治療することも可能になっています。また治療や病気の経過に対する不安な気持ちや疑問点などについて身近に相談、対応できる専任看護師を配置しています。

さらに、がんと診断された時から、精神的苦痛に対する心のケアを含めた緩和ケア(がんの症状や不安などを緩和する治療)を患者さまとそのご家族が受けられるよう努力しております。とりわけ、患者さまがご自宅あるいは近くの医療機関でも十分な緩和ケアが受けられるよう、地域の医療機関と連携した「在宅緩和ケア」の実践にも全力をあげております。

私たちは、患者さま、ご家族の皆さま、関係地域機関と協力してがんの予防から診断、治療、社会復帰に向け邁進致す所存であるとともに、すべてのがん患者さんとそのご家族の苦痛の軽減と療養生活の質の維持向上を心より願っております。

  インデックスページへ このページのトップへ